<meta>タグとは、文字コードを指定する<meta http-equiv= と検索Botに指示的要素の<meta name=があります。
SEOに関係するのが、<meta name=と言うことになるのですが、正直言うと<meta>タグを真剣に考えてもSEOに直接の効果は無いようにも思います。

但し、Botの誘導や紹介文は違う意味で効果がありますので設定はした方が良いかも
<meta>関係を詳しく専門的に紹介してるサイトは他に沢山あるので割愛して
必要な設定方法を説明します。

「着物・呉服」を題材にしたサイトを構築しても、総てのページにキーワードを埋め込むことが出来るとは限りません。

極端にキーワードが少ないページがあるのなら、<meta>タグでインデックスされないようにも設定できます。
個人情報保護や問合せのページは、特にHitしなくても良いので
<meta name=”robots” content=”noindex”>を指定して排除します。

次に総てのページに、
<meta name=”keywords”でHitさせたいキーワードを指定
<meta name=”description”でキーワードを連想させる文章にすれば良い
ということではありません。

コンテンツによっては有用だけど、SEOにとっては不要なもがあります。

結論は
<meta name=”keywords” は設定してもあまり意味がありません。

<meta name=”description”についても直接的なSEOの効果はありませんが
ページを見てくれるユーザーに無駄足をお掛けしない為にも端的にページの説明を書くのが良いです。

訪問者に配慮することが大切なサイト運営の要素だと思います。

過去の経験から
<meta タグのみを触っても検索順位に影響した記憶がありません
Botによっては<meta>タグを無視するのもありますので
気休め程度に考えれば良いのではないでしょうか?

私が管理してるサイトは必要な<meta 以外は空欄です。