これも重要な要素を占めます。
SEOにとってマイナスなのは、ホームページ作成ソフトでサイトを作ることでしょう。
私は、ホームページビルダー愛用者でした。(笑)

たまにはタグ打ちしないと忘れてしまうので、エディターで書くこともありますが
今でもホームページビルダーを使ったりもしてます。

ホームページ製作ソフトを使うと
便利なのですが、ページ完成後に見直したら・・・
無意味なタグの多いこと多いこと
先に説明したCSSで軽くした努力が帳消しになるのでは?と、思いたくなるほど無残な状態になってることもありますので
必ず最後にエディターでタグの一括消去と全体の整形するようにしてください。

SEOに合わせて整形する方が良いのでしょうけど
私の場合は、更新(修正)がしやすいように整形してます。

過去の経験から、配列を整えても崩れててもそれほど順位変動に影響を感じたことがないので
自分中心の配列にしてます。
配列よりも全体字数を減らしてキーワードを増やした方が効果あると思いますから
ソースについての結論は、キーワードの出現割合を高くする(無駄なタグや重複タグを徹底的に削る)
ことで充分です。