SEO対策の中でよく聞く言葉としてCSS(スタイルシート)がありますが、本当に効果あるのでしょうか?

結論は
効果ありますので、必ず使いましょう。
理由とsましては、CSSを使えば余分な文字を減らすことができキーワード出現頻度(割合)が上がります。
「メールサーバー」とキーワードを本文中に3%の割合で散らしても、実際のソースから見ると1%であったり2%になってしまいます。
カラフルな色や写真を使えば使うほど、文字フォントの種類も使えば使うほど本来ならページの文字数が増えて重たくなりますが、スタイルシートを上手く活用すれば、かなり軽く抑えることができます。

専門書を1日も読めば基本的なことはマスターできますので、CSSは必須です。


CSSの簡単な説明で1ページを使うのも申し訳ないので
ページの配置も続けて書きます。

indexを配置した場合小規模サイトであれば、他のページも総てpublic_html/直下に並列で配置した方が良いと思います。
同一ページを何種類か作って実験しましたが、階層を深く分けたページよりも浅階層のページの方がHit率が良いからです。

リンクは絶対パスで指定せず相対パスで指定した方がページの軽量化が図れます。
リンク数が多くなってくると意外とソースが重くなってしまいますので・・・

最近は、私も(このサイトも)オープンソースを使ってるのでHTMLを直に書くことが減り
プログラムの書き換えも面倒なので当サイトは絶対パス指定になってますけど(^^;

可能であれば、相対パスの方が良いです。


ついでなので、リンクタイトルについても書いておきます。

リンクタイトルも、ページタイトル同様に重要な要素を占めます。
たとえば、不動産サイトであれば
メニューを単純に、
①トップページ
②会社概要
③物件情報
④・・・
とはしないように注意しましょう。

一例として社名に不動産がある場合は
①●●不動産トップ
②●●不動産の概要
③●●不動産の物件情報
④不動産・・・
とすることでキーワード「不動産」の順位は劇的に変わってきます。

もちろん、メニュータイトル=ページタイトルが合致するようにすればBESTです。
あくまでも、口説くならない程度に・・・
ほどほどにしてください。

SEO対策が、サイト訪問者にバレバレではカッコ悪いですから・・・