大阪で小規模自社サーバーを提供してる会社としては年間を通して最も怖いこと2つあります。

ひとつは、雷です
梅雨どきから秋に掛けて多発しますが冬でも気は抜けません。
雷については、今年に入って初めて1台(1社)に影響が出ました。

近所の落雷で停電になり、約10数分後に電源復旧したのですが
サーバー起動後にモデム(ネットワーク)異常が発生してしまい
アクセス不通になりました。
地震・雷・火事・お??と言われるくらい災害は時間と場所を選びません。
UPS(無停電電源装置)を導入すれば良いだけですが、バッテリー寿命がもう少し長くなってくれると手軽なのですが…
現状のUPSは高価で導入を勧めるのに躊躇してしまいます。

話を戻して
今回の落雷は、予期せぬトラブルでお困りでしょうから
急遽テスト中の他のサーバーモデムを取外して持っていき夜中に交換作業して
約2時間後に完全復旧しました。
ハードに異常ががあった訳では有りませんでしたが、テスト中のモデムの方がOS/他のハードとの相性が良かったので・・・
ついでなので交換しました。

もうひとつの心配ごとは、夏の暑さ!!
特に企業の夏期休暇(お盆休み中)の発熱です。
エアコンの効いてないガラス張りのビル最上階に設置したまま1週間休む企業もあるので、室温上昇によるサーバー内部の発熱に対して
少々心配もありましたが、基本スペック商品(冷却オプションを含んで無い商品)でもまったく問題は発生せず。
導入頂いた各社とも1台もトラブルが出ることもなく完全稼動してました。

寒い地域なら冬対策も必要なのかもしれませんが、大阪向けのタワーサーバーでは、オフィス内が氷点下に下がることも無いので特に対策は要りません。

充分なテストはしており
信頼性には自信はあましたが、実運用してるサーバーでトラブルが無いのが一番嬉しいです。

もちろんサーバー機は毎日稼動してるわけで
永年使えばハードの老朽化等も起こり、トラブル発生も起こります。
もちろん壊れたパーツのみの交換もできますが
更に高性能・高耐久・高安全性を追求して安価で提供できるよう
開発にも意欲を注いでおります。