外付けハードディスクは、各PCの容量不足を解消する為のものです。
例えば、外付けHDDにデーターファイルを保存するようにすれば
個々のPC容量を減らせ
容量の少ないPCも動作が軽くなり、まだまだ現役で使えるようにもなりますが、利用範囲は基本的にPCのサブパーツです。

しかし最近流行の玄箱やリンクステーション等の
ネットワークシステムを有した外部ハードディスクも普及しております。
単体で社内LANに組み込むことが出来て簡易なファイルサーバーとしても使えます。

コンピューターとは元来1台で操作するものでは無くネットワークに組み込んで使用するものであり
通常、皆様が使われてるWindows機やMac機の空スペースを社内のファイル置場として共有することも可能です。

但し、ネットワークに組み込んで使われる場合は相当のネットワーク構築が不可欠であり

イデアールでは、外付けハードディスクやネットワークHDDを使った安全で快適なネットワークシステム構築も得意としております。

利用用途に応じて最適なシステム環境のご提案、新設をはじめ各種ネットワーク見直し、障害の解消、復旧も手掛けております