今回は、図解を用いて説明するのが簡単なのですが・・・
作成する時間が惜しいのでテキストで説明します。

小規模サイトの場合
通常は、サイト全部(Topページ~末端ページに至る)を蜘蛛の巣みたいにリンクしてメニューを製作されると思います。

ページ数が少なければ蜘蛛の巣リンクで良いのですが
ある程度のボリュームになるとSEO的には好ましくありません。

まず考え方を説明すると
一番重要なページ(通常はTopページ)に向けたリンクA(総てのページ→Top)を設定します。
逆に一番重要なページから重要でないページに向けたリンクE(Top→不要なページ)は設定しない。
ように構成していきます。

要するにサイトを構成してるページ単位に重要度ランクを設定するようにするのです。
TopページをA、次に重要なページをB・・・と言う具合です。
AへのリンクはB~E全ページから貼り
逆にAからリンクするのはBのみにします。
BランクページもC~E全ページからリンクします。
BからリンクするのはAとCのみ。
CからはDのみ
DからはEのみ
とピラミッド型と言うか、ネズミ講みたいな感じの吸上げ型でリンクするように構成します。

当然ですが低ランクページはメニュー項目が増えて
上位ランクページはメニュー項目が減ります。

当サイトで言えば
TOPページは→各事業部へリンクする

各事業部は→Topページ&全事業部&各カテゴリーへリンク

カテゴリーは→Topページ&全事業部&各カテゴリ&個別コンテンツへリンク

個別コンテンツ→Topページ&全事業部&全カテゴリー&個別コンテンツへリンク&重要で無いページ

重要で無いページ→Topページ&全事業部&全カテゴリー&個別コンテンツへリンク
と、言う具合です。

上位ランクのページを確実に上位Hitさせる為には重要なことなので構成は考えるようにしましょう。