土地と建物が一体で取引されることが多いのですが、一戸建て・マンション・ビル・店舗・事務所などが主要取引になります。

建物は土地に定着してる訳ですか、土地の調査を怠ってはいけません。
一番最初に土地の権利は、所有権or借地権?
そして権利に基づいた利用制限や付帯制限・・・

土地の場合は、取引後に活用(建築等)されるので何か問題が隠れていたとしても発覚が早いのですが
建物付きの場合は次回活用(建替え等)をする時になって問題が発生する場合も多く
その時には、担当した会社が無くなってるかも知れないので特に注意する必要があるでしょう。

続いて建物の状態や利用用途も重要です。
購入した目的が達成出来なければ大変です。