建築・設計イデアール株式会社  
イデアール総合TOP    ・不動産/売買/賃貸    ・建築・設計    ・自社サーバー・SEO対策・コンピュータシステム    ・呉服・着物・卸し    ・着物買取
メインメニュー
トップ  >  地盤改良
基礎と共に重要な工事として地盤改良工事が必要です。

設計よりも前の段階で地盤の状態を調べる必要があります。
大規模な建売なら更地の状態で仮地盤調査をしておき
実際に建築する土地単位で本地盤調査をします。

立替の場合は、従前の建物を解体する前に可能であれば調査しますが、土地の形状や他の原因で調査できない場合は解体後の地盤調査になります。

大阪府下の土地では、強い地盤は少ない為に何らかの地盤補強は必要になると思います。
建物の傾き(欠陥住宅)の一番多い原因が地盤の不動沈下によるものであり、不動沈下した建物の多くは何も地盤補強されてないケースが目立ちます。

大手ハウスメーカーで施工される場合は地盤補強は施主持ちであり
見積り時には概算で計算するために地盤調査の結果如何で思わぬ出費が増えることもあるので注意が必要です。

イデアール株式会社の地盤改良方法は主に3種類です。

表層改良・・・支持地盤があり概ね表層部分が弱い場合に施工されますが、施工者によって施工誤差がかなり出ます。
表層の土と改良剤を混ぜて天圧を掛けるのですが、天圧機で圧効果があるのは5cm?30cm(機材による)程度です。
10cmしか効果が無い機材で50cmも埋め戻して圧を掛けても強度は得られません。
施工前に充分な施工工程のプランニングが必要です。

柱状改良・・・改良剤を水で溶く湿式と土と混ぜ合わせる乾式があり地盤の状態(含水率等)により施工方法を選択します。
概ね6mくらいまでに支持地盤がある場合に施工しますが、一般的に支持地盤が6m内に無くても地盤状態が極端に悪くない場合は、柱状改良で施工されてる場合は多いです。
改良柱とベタ基礎で建物を支える場合は、基礎工事のステコン天場に高さを合わせて設計施工することが大切です。

杭(鋼管)・・・鋼管杭を継ぎ足して(溶接)施工するので深い支持地盤に到達できます。
中空鋼管施工の場合は蓋を溶接して充分な強度を保っているのですが、まれに他業者の施工を観察してると蓋を外して杭の中に生コンを流し込んでる基礎業者も居ますが鋼管杭の性質を知らないのか
見た感じは強そうですが、けっしてお勧めできる方法とは思えません。

杭で徹底した地盤改良がなされた場合は布基礎で充分なのですが、イデアールは徹底した地盤改良をしたとしても手抜きの無いベタ基礎で施工するようにしてます。
もちろんステコン天場と高さを合わせるように設計してベースを充分な強度の鋼管杭で直接支えるように施工します。

最後に地盤改良には特段の法的基準はありません。
信頼できる第三者機関の保障の有無も確認するようにしましょう。

大切な基礎を支える地盤にも充分な強度が要求され、地盤改良も確かな技術と施工が求められます。
けっして疎かにできないので、くれぐれも気をつけましょう。
前
新築一戸建の設計
カテゴリートップ
建築事業の詳細
次
基礎工事

イデアール事業案内
イデアール総合Top

建築・設計事業部

不動産/売買/賃貸

ITコンピューター.システム

着物買取

呉服・和服事業部

    256bit - 128bit Security SSL 大阪府大阪市阿倍野区阪南町2丁目30-18
イデアール株式会社 建築事業部
TEL 06-6626-6677
Copyright (C) 2009 IDEAL Corporation. All Rights Reserved.